2005年12月20日 (火)

テーマで読む現代史 1945-2005

Theme 思い返すと、学業に励んで(?)いた頃、歴史の授業は近代あたりで頓挫していた。なんというか、歴史の先生方は好き放題自分の解釈が述べられる時代のほうが好きな感じで。直接に生きていた人が残っている時代(大正以降)はあまり熱が入らないのかw あるいは近・現代文学史にまかせちゃうのか。

自分にとってリアルな「現代」をとらえる術が未熟なまま、ニュースを眺め続ける日々。不思議ですよ、ニュースは上書きされて、ほとんど積み重ならない(まぁ、自分の場合、です)。今年ももうすぐ終わります。何を来年へ持ち越せばいいのか分からないまま。

ここに『テーマで読む現代史』という本があります。「いまなぜそうなのか、そのとき何が起こったか、何がトピックだったのか」を通史にまとめた本です。

続きを読む "テーマで読む現代史 1945-2005"

| | コメント (0) | トラックバック (0)